体外受精などの特殊な不妊治療を除く、一般不妊治療で妊娠できる確率は、治療を始めてから2年以内で50パーセント弱くらいです。 もちろん、それぞれの病院や患者の年齢などによっても、妊娠できる確率には差があるでしょう。 男性側にも女性側にも不妊の傾向がない場合、1生理周期当たりの妊娠する確率は15〜30パーセントくらいだと言われています。 一方、人工授精の場合は5〜10パーセントくらいです。 排卵誘発剤を併せて使用した場合には、10〜20パーセントくらいになりますから、少し妊娠の確率が上がるでしょう。 タイミング療法や人工授精などの一般不妊治療で、約2年の間に成果が得られなかった場合には、高度生殖医療に進む夫婦も少なくありません。 体外受精の場合、妊娠する確率は胚移植1回当たり約26パーセント、顕微授精の場合は約22パーセントだといわれています。 しかし、流産の可能性が自然妊娠よりも高いため、出産率は体外受精で約16パーセント、顕微授精で約13パーセントという厳しい数字になっているのです。